〜カルシウム〜

こんにちは

〜miho〜です。

私の学びがもう1つスタートしました‼︎これから1年間たくさんのことを学び、吸収していきます(^^)

少しずつ、分かりやすく発信できればと思っています。

さて、前回に引き続き

体に必要な栄養素

カルシウムって?

歯や骨の成分。また、血液や身体の組織の中に入っています。

■化学式:Ca

■血液を中性にする

■心臓の働きを強くする

■細胞が元気に

■血液を固まりやすくする

■発育を促す

■神経の興奮を抑える

■ばい菌の抵抗力を強くするなどです。

食べ物だと特に小魚、ごま、大豆、落花生、海藻、根菜類に含まれるカルシウムが吸収率がいいそうです。

ほうれん草にもカルシウムは入っていますが、梅干しや柑橘類に含まれるクエン酸と一緒に摂取すると吸収がよくなるそうです。

性格にも影響が!!

皆さんもご存知の通り、カルシウムが不足すると・・・

■ヒステリック

■イライラ

■集中がない

■飽きっぽい

■泣き虫

砂糖の摂取が多い日本では外国の方より「待つ」という行動が苦手だと感じます。

朝はせかせか・・・夜の居酒屋でお酒が出てこないと早く!早く!と、待ってられませんね。

過労、寝不足、悩む、怒り、雑音はカルシウムを消費します。

不足すると血液を中性にできなくなるので血液は酸化され、ひどい場合は神経障害になってしまう可能性もあるそうです。

また、早産や流産、知的障害、脳性小児麻痺などもなりやすいとの事

妊娠したら「葉酸」といいますが・・・

カルシウムー!!!!って感じですね。

子供の腰痛・関節痛の原因にもなりうる・・・

カルシウムの種類

おおまかに3つあります。

■鉱物質カルシウム

■動物質カルシウム

■植物質カルシウム

カルシウムの摂取量の不足を補うため

厚生労働省で認可されている「鉱物質カルシウム」が添加された栄養食品などに多く使われていますね。

しかしー!デメリットがあります。

鉱物質カルシウムを摂取しすぎると「結石」ができ、血管を硬化させるそうです・・・注意力散漫、老化を早めてしまうようです。

カルシウムは食べ物から摂取するのが1番ですね(^^)

人間関係、家族の仲を深めるためにもかかせない栄養素です!!

1人でも多くの方に寄り添っていきたいと思っています。

是非こちらの登録もよろしくお願いします。

↓↓↓

*公式LINEはこちら*

もしくは@vfm9624sでID検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする