〜玄米の気をつけたいこと〜

こんにちは

〜miho〜です。

今日も保育園ギリギリまで仕事をしていましたー・・・

ご飯、お風呂が億劫になりますね。

さてさて、今日は玄米の続きです。

玄米の気をつけたいこと

■消化が悪い

■アブシジン酸がよくない?

消化が悪い

消化が悪いのは「正しく炊けていない」からと考えます。

炊き方

①玄米の2倍の量の水で、夏場は2〜3時間、冬は7〜8時間水につけておく

②浸水後、水をしっかり切りフライパンで乾煎りしてください。(香ばしい匂いがしてくるまで!!)

③水はお米の1.5〜1.8倍で炊く

※炊飯器・土鍋などで炊いてください 

※無農薬であること!!

浸水時間ですが、実際は48時間くらい浸水して欲しいです。そして、発芽してくるか見て欲しいです。

発芽することによりセルロースという堅い殻で覆われている殻を破り玄米の栄養素を体に取り入れやすくなります!!

セルロースの殻を破ることにより、栄養素とは反対に「体に害があるもの」も一緒に出てきます。

これがアブシジン酸です!!!!

アブシジン酸が良くない?

アブシジン酸の働き

■発芽抑制因子

■玄米の乾燥から身を守る(植物に存在するフィトケミカルです)

この体に良くないアブシジン酸を無毒化する為には、上記で述べた発芽をさせてあげれば問題ないです!!

また、アブシジン酸はほとんどの植物がもつものです。

玄米に限ったことではないので、発芽さえしてあげれば玄米に関してはOKということになります(^^)

発芽したらすぐに炊きましょう!!(←コレ大切♡)

玄米は体を温めます(^^)

反対に、

体が冷えるような食事をしていると・・・

例)ハンバーグ定食

白米+ハンバーグ+サラダ+デザート

体の反応

①タンパク質が多い食事をすると「体が必要以上に熱く」なります。

②そうなれば体を冷やすようなデザートが食べたくなります。(砂糖は体を冷やす)

③このお肉とデザートで体のバランスが崩れ、食べ過ぎて太ってきます。

またこれらは酸性食品のため血を汚します。

①血が汚れると血液が酸化して血の巡りが悪くなります。

②ますます体は冷え

③代謝が悪くなりまた太る

これらを食べ続けていると、悪循環の繰り返しがさらに加速します。

体を温めるような食事を心がけましょう!!

玄米でなきゃダメなの?

いいえ♡

もともと体温が高い子供に体を温める玄米を食べさせることにより、体を冷やそうとして甘いものを食べたくなってしまうのでオススメ出来ません。

また、夏も体温が高いため玄米より「分つき米」の方が良いと思います。

玄米の良いところ、気をつけたい事を知った上で挑戦してみてください(^^)

発芽するもの、甘酒になるもの、無農薬の玄米であることは忘れないでくださいね。

酵素栄養学も勉強になります。ぜひこちらもご覧ください!!

     〜なごみコーポレーション〜

1人でも多くの方に寄り添っていきたいと思っています。

是非こちらの登録もよろしくお願いします。

↓↓↓

*公式LINEはこちら*

もしくは@vfm9624sでID検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする