〜解剖生理学⑤〜

こんにちは(^^)

 

 

解剖生理学

今日は「筋系」です!!

筋肉にアプローチしていくアロマトリートメントには筋肉は必須ですね!!

3種類の筋組織

■骨格筋・・・骨と骨の間 骨と皮膚の間  

働き→①運動 ②姿勢の保持 ③熱産生 

①運動:筋は骨を引っ張ることにより骨を動かしている

②姿勢:緊張性収縮という特殊な収縮をする。この筋の緊張により姿勢を保持する

③熱産生:体温保持に必要な熱のほとんどが筋収縮により産生される

■心筋・・・心臓の大部分を形成

働き→自律神経に支配され、意識的に動かせない。 無意識に行われる規則正しい収縮が心拍を生み出している。

■平滑筋・・・血管壁、腸、尿道などの管状の内臓壁を形成

働き→内臓筋とも呼ばれ収縮がゆっくり持続型。意識的には動かせない。

筋疲労

過度な運動中に起こる筋収縮により、筋肉への酸素供給が間に合わなくなり乳酸が生じる。乳酸が原因で筋肉痛という痛みが出てくる。

運動後に「ハァハァ」と息が切れるのは、この過剰な乳酸の代謝を促進する為に必須なのです!!

ということは、呼吸が落ち着いても深呼吸を続けていたらより乳酸が蓄積されないのか??

筋肉痛になりたくない人は必見ですね(^^)

運動の大切さ

継続的な運動により、筋の緊張を改善し

心臓や肺の機能の効率をあげ、筋疲労しにくい身体づくりが大切です!!

筋肉を動かさないと、徐々に筋が萎縮してしまいます。

これを維持するためには有酸素運動で、筋を強くし柔軟に保つことが大切になってきます。

私も徐々に筋肉がなくなってきています。

学生のころはあんなに運動してたのに・・・

今ではずっと座っていることが辛いです。

疲れて横になりたくなってしまいます。

筋の萎縮のはじまりかも・・・

ヨガ習おうかなぁ〜(^^)

1人でも多くの方に寄り添っていきたいと思っています。

是非こちらの登録もよろしくお願いします。

↓↓↓

*公式LINEはこちら*

もしくは@vfm9624sでID検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする