〜自分が感じるいい香り〜

こんにちは

〜miho〜です。

みなさん!!

どんな香りが好きですか?

わたしはローズやゼラニウム、キンモクセイなどお花の香りが好きです(^^)

今日は

今問題になっている

「香害」

についてお話したいです。

周りに柔軟剤の香りがぷんぷんする人・・・いませんか?

ずっとその方の近くにいると「気持ちが悪くなる」「頭痛がする」などの症状が出てくることがあります。

自分ではいい匂いだと思ってつけている香水もまた他の人には苦痛な香りになる・・・

これは「化学物質過敏症」の1つで

ひどくなると生命に関わることもあるそうです。

身の回りの化学物質

■スプレー式殺虫剤

■防虫剤

■芳香剤

■接着剤

■洗剤類全般

■おもちゃ

■家具(ホルムアルデヒド)

■衣類(ポリエステルなど)

全部じゃーん!!と思ってしまいますね・・・

でもこれだけたくさんの化学物質に囲まれて生活をしています。

今では、ないと困るかもしれませんね。

体の中に入る経路

■口から入る

便利な食べ物には「食品添加物」がたっぷり入っています。

野菜には農薬や殺虫剤

お肉や卵、牛乳にはホルモン剤や抗生物質

腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌の餌になります。

腸内環境の話

■呼吸から入る

くさいと感じればすでに体の中に取り込まれています・・・

漂白剤や殺虫剤、家具、カーテン、エアコンなどなど

■皮膚から入る

塗るもの全般

ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、化粧品、生理用品、おむつ

これらは石油をなにかしらの手を加えて出来上がった自然界に存在しないものです。

皮膚力が弱まる原因

皮膚は「常在菌」「皮脂膜」によって体を外界から守っています。

そこに化学物質である「合成界面活性剤(油と水が混ざる性質をもつ)」を塗ると

「常在菌」が洗い流されてしまいます。

バリア機能を失った、皮膚の成分(油と水)を合成界面活性剤で混ぜると

皮脂膜が壊れます。

壊れた皮脂膜から化学物質が入りこむというしくみです。

恐ろしいのは

体の中で分解されにくい、排出されにくいということ。

蓄積されていくばかり・・・・なんと90パーセントも!!

蓄積されるのは「脂肪」です。

皮膚障害や代謝障害だけでなく

アルツハイマー、自閉症、学習障害など脳にも影響があります。

デトックスしよう!!

ヘナクレイ風呂で皮膚からデトックス

■運動で皮膚から汗を出す

まこも茶やハーブで飲んでデトックス

化学物質を吸ったり、塗ったりしている分

毎日デトックスしよう!!

化学物質過敏症は次の世代にも繋がります。

「子供は風の子元気な子!!」

いつの時代でも

冷たい風がふいても元気に走り回れるよう(^^)

1人でも多くの方に寄り添っていきたいと思っています。

是非こちらの登録もよろしくお願いします。

↓↓↓

*公式LINEはこちら*

もしくは@vfm9624sでID検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする